Loading
  ご挨拶事業内容沿革お仕事のご依頼について会社概要  
 
沿革
 
◆沿革  
   
 
 
1989年 8月   創業
          早稲田大学エジプト調査室(現・早稲田大学エジプト学研究所)広報部として発足
エジプト好きな方々の会員組織「ピラミッドクラブ」発足
  1989年 10月   有楽町よみうりホールで「第1回エジプト・フォーラム」開催
  1991年 7月   古代遺跡を巡るオリジナル・ツアー「比較文明の旅」スタート
  1992年 4月   早稲田大学エジプト学会発足。エジプト学研究会スタート
  1994年 2月22日   株式会社アケト設立
      8月   「古代エジプト展−イシス女神から女王クレオパトラまで−」(主催:東映)開催(〜1995年)
      8月   ビデオ全17巻組「古代エジプト文明と遺跡」(販売元:ポニーキャニオン)発売開始
  1995年     CD−ROMゲームソフト「ANKH―ピラミッドの謎―」発売(発売元:レイ)
  1997年 1月   「頑張れEGYPT! 発掘体験ツアー」(主催:JTB)スタート
      4月   世界考古学発掘アカデミー開校
      8月   発掘アカデミー企画「モンゴル恐竜発掘体験ツアー」実施
      8月   NTTマルチメディア館「ピラミッド・ミステリー」(制作協力:仙台国際ゆめ交流博覧会)
  1998年     『NEWTONアーキオ』創刊(全12巻)(〜1999)
  1999年 2月   「ウィーン美術史美術館所蔵 古代エジプト展」(主催:TBS)開催(〜2000)
      2月22日   新宿区西早稲田にエジプト考古学ビル 竣工
      4月 1日   エジプト料理レストラン「パピルス」エジプト考古学ビル1階にオープン(〜2005)
  2000年 8月   「世界4大文明展 古代エジプト文明展」(主催:NHK)開催(〜2001)
  2001年 8月   「カイロ博物館所蔵 古代エジプト文明展」(主催:東映)開催(〜2002)
      1月   WEBサイト・吉村作治公式HP「えじぷとぴあ」開設
      8月   「掘りたて恐竜展」(主催:RKB)開催(〜2002)
  2002年 8月   「ドイツ・ヒルデスハイム博物館所蔵 古代エジプト展―永遠の美―」(主催:東映)開催(〜2003)
  2003年 8月   ダイドードリンコ日本の祭り応援プロジェクトがスタート、吉村先生は祭り軍団座長に就任
      10月   DVD全20巻組「古代エジプト文明と遺跡」(販売元:ポニーキャニオン)発売開始
      11月   TBS「古代エジプト大冒険」放送、26.6%という高視聴率を達成
  2004年 4月   ピラミッドクラブをあらため、WEBサイト会員組織「エジプト倶楽部」発足
      8月   レプリカで古代エジプトを紹介する「エジプトと吉村作治の世界展」(主催:RKB毎日放送)スタート
          通信教育講座「吉村作治のエジプト探訪講座」(学文社)スタート
  2005年 6月   レプリカ展「エジプトと吉村作治の世界展」(主催:RKB毎日放送)、東京・日本橋高島屋にて開催
      6月   『ミイラ発見!!―私のエジプト発掘物語−』(吉村作治著)出版(アケト出版)
      7月   「ドイツ・ヒルデスハイム博物館所蔵 古代エジプト展」(主催:東映、TBS)開催(〜2007年)
      8月   吉村作治写真展「悠久のエジプト」(於:キヤノンサロン 東京・品川)開催
個展の開催記念の写真集『悠久のエジプト』出版(アケトプレス)
  2006年 1月   DVD全6巻組「吉村作治と行く古代エジプトの旅」(販売元:ポニーキャニオン)発売開始
      5月   シルクアミノ酸セリシン配合の化粧石鹸「ナイルビューティー」発売
      6月   第1回個展「吉村作治の絵画と陶磁器展 ―エジプト発掘40年が私に与えてくれた感性―」(於:ぎゃらりぃおくむら 東京・渋谷)開催
      7月 1日   『週刊EGYPT』(全100号)創刊(発売元:サンリオファーイースト)
      7月14日   早大発掘品を世界初公開する「吉村作治の早大エジプト発掘40年展」 (主催:RKB毎日放送)スタート。以降2008年9月まで11会場を巡回
      7月   早大40年展開催記念のDVD全3巻組「吉村作治の早大エジプト発掘」(販売元:ポニーキャニオン) 発売開始
      7月   エジプト考古学ビル1階に、撮影スタジオ「Studio ARK」オープン
サイバー大学の教育コンテンツ制作開始
  2007年 1月3日   TV番組「古代エジプト大冒険」(TBS)4時間半の長時間ながら高視聴率を達成
      4月1日   日本初の完全インターネット4年制大学、サイバー大学(学長:吉村作治)開学
ヤフーJAPANドームで、開学式・入学式を開催
      6月   エジプト考古学ビル4階に、第2スタジオ「Studio ARK U」オープン
      6月22日   第2回個展「吉村作治のアート展」(於:ぎゃらりぃおくむら 東京・渋谷)開催
      7月31日   「吉村作治の早大エジプト発掘40年展」(主催:RKB毎日放送)が早稲田大学の會津八一記念博物館で開催(早稲田大学125周年事業)
      7月   早大40年展開催を記念して、エジプト考古庁長官ザヒ・ハワス博士著書2冊『黄金のミイラが眠る谷』、『黄金王ツタンカーメンの素顔 -世界初のCTスキャン調査-』同時出版
      12月   特別番組「吉村作治 ミイラ新発見! 〜世界初公開!親子ミイラ発掘の瞬間〜」(制作:RKB毎日放送)放送
  2008年 1月1・2・3日   NHK BShi 新春ハイビジョン中継「エジプト文明・母なる大河ナイル」三夜連続放送
      2月    札幌雪まつりで、アブ・シンベル大神殿の大雪像が造られ、好評を博す。 
      6月27日    「吉村作治の早大エジプト発掘40年展」が、最終会場の東京・池袋の古代オリエント博物館でスタート  
      6月28日   「吉村作治の新発見!エジプト展〜国立カイロ博物館所蔵品と〜」(主催:RKB毎日放送)が福岡市博物館でスタート。全国11会場を巡回
      7月4日   第3回個展「吉村作治のアート展」開催 (於:ぎゃらりぃおくむら 東京・渋谷)
      10月   アケトで吉村教授のブログ等を著作物にする企画をスタート。第1弾として、ホームページ上で連載の「コラム392」をまとめた『色即是空』を出版。以降続々刊行予定
      10月3日    2006年7月から2008年9月まで全国11会場で開催された「吉村作治の早大エジプト発掘40年展」の成功を記念して、早稲田大学の大隈講堂にて、早稲田大学総長白井克彦先生ご臨席のもと、シンポジウムを開催 
      10月22日    NPO法人太陽の船復原研究所(吉村作治所長)が東京都により認証される。
      12月    ホームページ上の連載「週刊作治」をまとめた『エジプト考古学者の独言(ひとりごと)』を第2弾として出版 
      12月    アケトがコーディネートした太陽の船関連の特番で、哲学者の梅原猛先生がエジプトへいらしたのをきっかけに、お二人の対談集『太陽の哲学を求めて』(PHP研究所)出版 
  2009年 1月2日   TBS系列「歴史冒険ミステリー 世界のピラミッド徹底解剖!! 人類史上最大の謎を解けスペシャル!」放送
      1月6日     カイロ博物館にて「吉村作治の早大エジプト発掘40年展」の凱旋展覧会を開催。考古庁長官ザヒ博士、カイロ博物館館長ワファ博士ご臨席のもと、式典が執り行われる。 
      5月   ホームページ上の連載「週刊作治」をまとめた『続・エジプト考古学者の独言(ひとりごと)』を第3弾として出版 
      7月    今までの著作をアケトで新書として順次復刻刊行する企画をスタート。第1弾として、[吉村作治新書]全5冊出版 
      10月20日    太陽の船復原プロジェクトの第1フェーズの終了と第2フェーズ開始を記念して、カイロにて式典を開催 
      12月20日    太陽の船復原プロジェクトの本格的開始を記念した、TBS系列特別番組「吉村作治の太陽の船☆復活」(制作:RKB毎日放送)放送 
  2010年  3月    講談社刊『吉村作治の古代エジプト講義 上・下』の復刻版として、『世界一面白い 古代エジプトの謎』 【ピラミッド/太陽の船篇】・ 【ツタンカーメン/クレオパトラ篇】(中経出版)2冊出版 
      3月21日    TBS系列特番「甦るツタンカーメン 黄金のマスクに秘められた謎を解く」放送
      4月    DVD全20巻組「吉村作治の古代エジプトの秘宝−世界の博物館を訪ねて−」(販売元:ポニーキャニオン)発売開始
エジプトをはじめ、ロンドン、パリ、ニューヨークの博物館のエジプトの至宝を新撮した画期的な作品 
      5月31日    「吉村作治の新発見!エジプト展〜国立カイロ博物館所蔵品と〜」が、最終会場となる長野・信濃美術館にて無事閉幕。展示遺物すべてがエジプトに返却 
      7月22日    吉村教授早稲田大学名誉教授就任祝いの会開催 
      10月1日    「吉村作治のエジプトと太陽の船展」、佐賀玉屋にて開催 
      11月19日    「吉村作治のエジプトと太陽の船展」、横浜・放送ライブラリーにて開催 
      12月1日    『エジプトに夢を掘る』(日本実業出版社)出版 
      12月23日    「古代エジプト トリックアート展」、ビビットスクエア南船橋にて開催 
  2011年 3月    「古代エジプト トリックアート展」、箱根小涌園ユネッサン、モレラ岐阜にて開催 
      4月1日   エジプト倶楽部に、新しく「プレミアム会員」制度が発足
      4月20日    「吉村作治絵付け 伊万里焼作品展〜古代エジプト永遠の命〜」、佐賀玉屋にて開催 
      6月18日   「吉村作治の古代七つの文明展〜人と地球と太陽の船〜」(主催:RKB毎日放送)が福岡市博物館でスタート。
      6月19日   DVD3巻組「吉村作治と行くエジプト世界遺産紀行」(販売元:ポニーキャニオン)発売開始。
      6月22日   太陽の船復原プロジェクトで、船坑上の第一の蓋石の取り上げに成功。世界的に大きなニュースとして取り上げられる。
      8月7日   太陽の船発掘のドキュメント、最新映像を盛り込んだ特番「吉村作治 太陽の船復活」(制作:RKB毎日放送)、TBS系列で放送。好評を博す。
      9月11日   「吉村作治の古代七つの文明展」(主催:愛媛県、あいテレビ)が、愛媛県美術館でスタート。
      12月20日   「古代エジプト トリックアート展」、四日市の近鉄百貨店四日市店で開催。
  2012年 2月1日   ホームページ「エジプトピア」、全面リニューアル。
      2月18日   吉村作治先生、初の小説「教授のお仕事」(文言春秋社刊)出版。
      2月20日   太陽の船復原プロジェクトで、船坑内に埋設されていた船の部材のサンプリングに成功する。国内外のメディアで報道される。
      4月21日   「吉村作治の古代七つの文明展」岡山市の岡山市立オリエント美術館でスタート。
      7月1日   毎年恒例のシンポジウム、エジプト・フォーラムの第21回目、「エジプト・フォーラム21 甦った王墓―アメンヘテプ3世王墓修復終了記念―」(於:早稲田大学井深大記念)が開催される。
      7月14日   「吉村作治の古代七つの文明展」宮崎市の宮崎県総合博物館でスタート。
      7月16日   エジプト特番「世界初公開!エジプト新発見!謎の古代文字と太陽の船が語る ピラミッド新たな真実」(TBS系列全国ネット)
      9月9日   「吉村作治の古代七つの文明展」が岩手県花巻市の花巻市博物館でスタート。
      10月13日   秋田市イオンモールにて吉村作治写真展「悠久のエジプト」がスタートし、期間中講演会も開催。
      11月1日   有料メルマガ「新・週刊作治」配信開始
      12月26日   テレビ通販の「ショップチャンネル」に吉村先生が生放送出演。吉村先生監修のオリジナル・アクセサリーなどを紹介。
  2013年 1月4日   テレビ特番「たけしの新・世界7不思議」の第7回目にエジプトがエントリーされる。(テレビ東京系列で放送)
      1月25日   「太陽の船シンポジウム ―クフ王の船取り上げに向けて―」(於:早稲田大学小野記念講堂)が開催される。
      2月1日   吉村作治教授の古稀70歳の誕生日を記念して、古稀記念エッセイ集『夢我夢中』が発行される。
      2月22日   石巻市の新装なった三陸河北新報社の「かほくホール」で、吉村作治写真展「悠久のエジプト」がスタート。期間中にトークショーも実施。
      3月1日   福島県いわき市にある東日本国際大学のエクステンションセンターの無料公開eラーニング講座、配信開始。復興学、日本の社会と福祉、そしてエジプト学など多彩な12科目を配信中。
      4月1日   ニコニコ動画で、「吉村作治チャンネル」開局。エジプト情勢や、野末陳平先生との言い放題トークなど、毎日、更新中。
      6月1日   東日本国際大学の新1号館落成記念として、エントランスホールで吉村先生の写真展「悠久のエジプト」開催。(会期:6月1日〜30日)会期中に、講演会が行われ、盛況だった。
      6月25日   エジプト、カイロ近郊ギザで進行中の太陽の船プロジェクトで、第1番目の木製部材の取り上げに成功。世界中の各メディアで報道される。
      7月20日   富山県、高岡おとぎの森公園で、古代エジプトのトリック・アートを展示する人気のイベント「古代エジプト不思議アート」展が開催。(会期:7月20日〜8月20日)会期中にトークライブも実施され、満席の盛況だった。
      8月7日   吉村先生の絵画、陶器作品を展示する「吉村作治展―エジプトの神秘を描く―」が伊勢丹松戸店本館9階画廊に於いて開催される。(会期:8月7日〜13日)会期中、トークライブも開催。
      9月14日   全国巡回展示している「吉村作治のエジプトと古代文明展」が、青森県立美術館で開催される。(会期:9月14日〜11月24日)会期中にはトークショーが行われ、サイン会も同時開催。
      10月   東日本国際大学のeラーニングによる「日本語研修プログラム」のコンテンツ制作開始。開講は2014年3月予定。
      11月10日   今年で22回目となるエジプト・フォーラム22が、早稲田大学大隈大講堂で開催される。テーマは「太陽の船プロジェクト再開〜エジプトの騒乱を乗り越えて〜」
      12月8日   毎年恒例の太陽の船プロジェクトを追跡する特別番組「新発見!ピラミッドに隠された真実を解け!太陽の船大発掘スペシャル」(制作:RKB毎日放送)が、TBS系列全国28局ネットで放送される。
  2014年 3月24日   早稲田大学小野記念講堂で、「エンターテイメントから見るエジプト文明 第2回 今蘇るピラミッド再現計画」が開催される。
      3月28日   エジプトロケを担当した「世界遺産“三大迷宮”ミステリーV」が、テレビ東京で放送される。
      4月1日   吉村先生による無料メルマガ、「限りなく日刊に近いDaily作治」配信開始。
           
 
   
 
 Copyright ©AKHT All Rights Reserved. 個人情報保護方針リンクサイトマップ